10月11日(月)~冬期講習受付開始!

[海星女子学院中学の攻略]現中1の定期試験対策と勉強法

中1生のための海星女子学院中学の英語◆

2学期中間試験に向けた対策

例年には珍しく、1学期期末の時点で3人称単数が未修であるというゆったりとした授業スピードです。コロナ禍の影響もあるのかもしれません。

具体的にはprogress book1のLesson6までで期末試験が行われました。その影響もあってか1学期中間期末ともに全体平均点が80点を超える学年となっております。

では1学期期末試験が簡単だったかと分析してみるとそこまで簡単といえるものではないように思います。

正井先生と滝本先生がしっかりとつくりこんでいるテストと考えていて、例年であれば70点台前半位の平均でもおかしくない難易度だと思います。大変準備力のある優秀な学年であるという印象を私たちも持っています。

2学期中間はこのペースのまま進めばLesson9までということになりそうですが、念のためLesson10まで進むことを想定した準備を海星準拠クラスでは行っています。具体的な文法事項は「3人称単数」「現在進行形」「疑問詞」「前置詞」「人称代名詞目的格」「過去形」です。

Lesson10まではいると3単現と過去形が同時に出てくることになりかなり平均点が下がることが予想されます。

予想平均点はLesson9までであれば70点前半、Lesson10までとなると60点前半あるいはそれ以下となると思われます。

神戸海星の定期試験は学年による際は比較的少なく、以下の出題がメインです。

  1. 教科書本文空所補充
  2. 単語書き取り問題あるいはA:B=C:D問題
  3. 発音アクセント問題
  4. 指示に従って全文書き換える問題
  5. 英作文
  6. 整序英作文(日本語なし)
  7. リスニング

中でも①④⑤⑥のボリュームが大きいのが特徴です。

問題集は附属のワークブックのみですので、そちらと教科書の内容からあまりひねらずに出題があります。「生徒の頑張りを評価する」テスト形式といえるでしょう。他の学校に比べると英語の教科数も1つだけですので生徒たちも対策がしやすい部類です。

コラボでの指導法

上記より準拠クラスでは新しい文法を習った際に、今まで習った文法とミックスをして、「全文書き換え」をする練習+英作文をする練習を徹底していきます。

加えて対策教材という宿題をお出しし、教科書の本文を早い段階から意識して頭に入れていってもらっています。

毎回各単元の単語テスト(英語筆記)も行い、テスト前に詰め込む量を減らすようにしています。

2学期中間より上記に加えてREAD部分の重要性が増してきますので、授業中に積極的に扱い、理解度を増しつつ、出るところを積極的にノートに取らせ意識させています

教科書本文空所補充+全文書き換え+英作文は普段からすべてのパターンを学習しているので全て網羅できています。

整序英作文は予想問題で出した文章は外しましたが、難易度的には全く問題がない程度で生徒たちもほぼ全問正解でした。

その他単語も範囲が狭いため出題されるものが決まっていますので、子供たちは自信をもって書けたようです。少し差がついたのはリスニングと発音アクセントです。

中1生のための海星女子学院中学の数学◆

2学期中間試験に向けた対策

2学期中間試験の範囲は以下のように予想されます。

  • 数学X:方程式、連立方程式
  • 数学Y:図形と合同

数学X対策

1学期の定期試験の問題構成からして、学校使用教材である体系問題集【標準編】のレベルBまでができていれば平均点を下回ることはないでしょう。

まずは問題集のレベルA~レベルBまでを一通り解き、間違えた問題には必ずチェックを入れておきましょう。そして、間違えた問題はなぜ間違えたのかをしっかりと確認しましょう。赤ペンで解説を丸写しすることに意味はありません。

上記内容ができていれば、チャート式を利用してさらに上のレベルを目指しましょう。

数学Y対策

定期試験は学校の授業プリントからの出題がメインになります。

授業プリントは体系数学【発展編】、チャート式からの抜粋になります。

基本的な知識を身につけたうえでプリントの演習に取り組みましょう。

また、証明の書き方を練習したかどうかがカギとなります。

定期試験に関しては必ず、学校の先生の書き方を覚えるようにしましょう。 そうすれば、減点されることはありません。

コラボでの指導法

コラボの授業では、前回授業内容の小テストを実施後、新しい単元の解説、演習をメインに行っています。また、授業内でインプット⇒アウトプットを繰り返すことで知識の定着を行っています。

授業内容は、数学Xでは体系問題集【発展編】やチャート式、数学Yでは学校授業プリントの類題を利用しています。その理由は、いずれの定期試験問題に関しても、先に挙げたテキストの問題そのままや、その数値替えが出題されているためです。

学校内容に即して、演習を積み重ねることで、定期試験でいい結果が出るようサポートさせていただきます。

海星女子学院中1向け2学期中間試験対策実施!!

スタディ・コラボでは海星の指導を10年以上行っています。

過去の定期試験の膨大な分析をもとに定期試験対策を行います。

初めて受講される方はすべての講座を無料で受講可能です。

以下フォームより気軽にお申込みください。

入塾までの流れ

冬期講習詳細はこちら

10月11日(月)~冬期講習受付開始!

10月11日(月)~冬期講習受付開始!